恋声を超えた? バ美肉初心者から上級者まで使えるバ美声とは

バ美声

はいどーも! ソーナちゃんです。

以前恋声がボイチェン初心者に最適と書いたのですが、なんと恋声の上位互換ともいうべきソフトウェア「バ美声」が誕生しました!

バ美声の特徴

  • 操作性がシンプル
  • 遅延が低く高性能

バ美肉界隈でもめちゃくちゃ好評かなバ美肉。そのダウンロード先や使い方、どんな声になるのかなど、この記事では解説していきます。

バ美声の概要や使い方

バ美声は、兎鞠まりちゃんやらぎちゃんの3Dモデルを制作した「はんそで先生」が自作ボイチェンです。

執筆時点だとβ版のため無料で利用可能。

バ美声の画面

さらにUIもシンプルで、入力デバイスからマイクを選択、出力デバイスではスピーカーなど声を聞くデバイスを選択すればOK。

下のバーでピッチを変更して、「start」ボタンを押せば自分の声が変換されます。基音ピッチとありますが、ピッチだけでなくフォルマントも変更されるので、細かな調整も不要で非常にシンプル。

恋声は設定する項目が多かったので、この手軽さは魅力ですね。

遅延が恋声より少ない!

恋声を含むソフトウェア系ボイチェンでネックだったのが遅延。恋声は0.4秒声が遅れて変換されるのですがバ美声は0.2秒ほどです。

VT-4に比べると遅延はありますが、このブログでも以前紹介した簡易マグロナシステムを組み合わせれば、遅延問題を実質解消できるので、バ美声+簡易マグロナシステムの組み合わせでお歌も歌えます。

簡易マグロナシステム【プロバ美肉】最強のボイチェンことマグロナシステムとは

声の変換はどんな感じ?

声はかなり自然に変換できている印象です。

バ美声のレビュー一覧

恋声やVT-4の場合ですと、正直ノイズが酷かったり、女性ボイスに変換しきれてなかった人が多かったのですが、今のところはほとんどの人が違和感が薄く適合者ばかりです。ボイチェンと言われないと、おじさんだと気づけない気がします……。

バ美声の現状のデメリット

今の所かなり完成度が高いバ美声ですが、デメリットがないわけではありません。

バ美声のデメリット
  • 声を130%までしか変えられない
  • 恋声であったEQがない
  • 製品版は有償ソフトとなる予定

ピッチの変換が上限130%というのは少しきついですが、ボイチェンで自然な声にするには、最大130%が限界なのではとも考えられます。Twitterなどでやたらと適合者が多かったのも、バ美声は130%より上に変換できないおかげなのかもしれません。

筆者

やはり最終的には地声を高くするのが一番です

バ美声は将来性に期待できる

β版の時点でかなり好評なバ美声ですが、個人的に一番期待しているのが将来性です。というのも恋声などフリーのボイチェンですと現状更新が途絶えているものが多いので、改善やさらなる進化の見込みが薄いからです。

今後バ美声が普及、さらに進化すれば、かわいい声のおじさんがドンドン量産されていきそうです。

それにしてもマグロナちゃんやはんそで先生など、音響関係の専門家でもないのにここまで高い精度のボイチェンを制作できるのはすごいです。

というよりもマグロナちゃんがデビューしてから半年弱でマグロナシステムやバ美声レベルのボイチェン環境が制作できたなら、一般の人が知らないだけで、実はもっと前から超高性能なボイチェンシステムが存在しているのではと疑いたくなりますね……。

バ美声のダウンロード先